下がれコレステロール!血液サラサラ栄養素>DHA
薬膳でコレステロール予防

DHA

高脂血症、高血圧の予防、改善効果。

DHAは、ドコサヘキサエン酸の略称です。

DHAは、人間の脳に多く存在する不飽和脂肪酸の一つで
脳の発育や機能の維持にかかわっています。

DHAは頭が良くなる栄養素として知られ特に脂肪の多い
魚に多く含まれています。


DHAは血液中のコレステロールにも働きかけます。

脂肪酸合成にかかわる酵素の活性を低下させる作用があり
血液中の中性脂肪値の上昇を押さえ、高脂血症や高血圧を予防
する効果もあります。

不飽和脂肪酸は酸化しやすいと言う欠点があるので
抗酸化作用のあるビタミンEなどと一緒に食べると良いでしょう。
 >> ビタミン E


 DHAの上手なとり方
DHAは、魚の目の周りの脂肪に多く含まれています。
煮魚など脂肪を逃がさないような食べ方がお薦めです。

食べるときは、抗酸化作用のあるビタミンEなどと一緒に
食べると良いでしょう。


 DHAを多く含む食品
マグロ
・真鯛
・鰤
・サバ
・はまち
・さわら
・秋刀魚
・さけ
・・ 100gの中に2.9g
・・ 100gの中に1.8g
・・ 100gの中に1.8g
・・ 100gの中に1.7g
・・ 100gの中に1.7g
・・ 100gの中に1.2g
・・ 100gの中に1.4g
・・ 100gの中に0.8g


関連情報
 ・炭水化物の上手な食べ方
 ・緑黄色野菜と中性脂肪
 ・大豆と豆腐のイソフラボン

 ページのTOPに戻

コンテンツ
血液サラサラ栄養素
 ・ビタミン C
 ・ビタミン E
 ・ベータカロテン
 ・食物繊維
 ・オリゴ糖
 ・タウリン
 ・大豆タンパク
 ・カテキン
 ・EPA
 ・DHA

コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力

コレステロールを下げる
 ・バランスの良い食事
 ・食品を沢山食べる
 ・食べ過ぎない事
 ・食物繊維が大事
 ・料理方法に一工夫
 ・油は植物油が基本
 ・御菓子はほどほどに
 ・お酒を飲みすぎない


 コレステロール改善   コレステロール情報   生命保険の入り方ガイド

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。