下がれコレステロール!血液サラサラ栄養素>EPA
薬膳でコレステロール予防

EPA

血液中の物質に作用して動脈硬化等を予防します。

EPAはエイコサペンタエン酸の略称です。

EPAは、人間の体では合成できないもので食べ物から
取り入れるしかありません。

EPAは体の中に入ると、血小板を凝縮させるトロンポキサンと言う
物質が作られるのを抑え動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、高脂血症
等を予防する効果があります。

アトピー性皮膚炎や花粉症などの症状改善にも効果があると
考えられています。


 EPAの上手なとり方
焼き魚やフライにして食べるよりも、刺身やあら汁にして
食べると良いでしょう。

ベータカロテン、ビタミンEなどを含む食べ物と一緒に
食べると体内での酸化を防ぐ事が出来ます。
 >> ビタミン E
 >> ベータカロテン


 EPAを多く含む食品
はまち
・イワシ
・ニシン
・サバ
・マグロ
・真鯛
・ぶり
・秋刀魚
・・ 100gの中に1.5g
・・ 100gの中に1.4g
・・ 100gの中に1.25g
・・ 100gの中に1.25g
・・ 100gの中に1.3g
・・ 100gの中に1.1g
・・ 100gの中に0.7g
・・ 100gの中に0.8g


関連情報
 ・かむ回数を増やす
 ・穀物と食物繊維
 ・外食の注意点


 ページのTOPに戻

血液サラサラ栄養素
 ・ビタミン C
 ・ビタミン E
 ・ベータカロテン
 ・食物繊維
 ・オリゴ糖
 ・タウリン
 ・大豆タンパク
 ・カテキン
 ・EPA
 ・DHA

コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力

コレステロールを下げる
 ・バランスの良い食事
 ・食品を沢山食べる
 ・食べ過ぎない事
 ・食物繊維が大事
 ・料理方法に一工夫
 ・油は植物油が基本
 ・御菓子はほどほどに
 ・お酒を飲みすぎない

 コレステロール改善   コレステロール情報   生命保険の入り方ガイド

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。