下がれコレステロール!健康生活コラム>バランスが大事
薬膳でコレステロール予防

バランスが大事

血液中のコレステロールが高いと動脈硬化が進みやすいと
言う事は良く知られています。

通常コレステロールといえば、色々な種類のコレステロールを
全てあわせた涼の事です。


コレステロールの中には動脈硬化の原因になりやすいもの、
そうではないものがある事が解ってきました。

コレステロールの高い人は普通LDL(悪玉コレステロール)が
高い事が多く実際にLDLが高い人は心筋梗塞などの病気が
多いことが解っています。

LDLコレステロールは、肝臓で作られたコレステロールを全身に
運ぶ事が役目です。

血液中にLDL(悪玉コレステロール)が多すぎると体の酸素と
結びついたりして動脈硬化の原因となる変性LDLとなると
考えられています。


LDLの働きと逆になるのがHDL(善玉コレステロール)。
全身であまったコレステロールを肝臓に戻す働きがあります。

このため、HDLが少ない人は心筋梗塞などの病気が
起こりやすくなります。

ただし、HDLが多すぎると動脈硬化が起こりやすくなる
事があり多すぎればいいわけではありません。


検査でLDLが多かったり、HDLが少なかったときは、
食べ過ぎないようにして動物性の脂肪を控えましょう。

早足の散歩など有酸素運動を行う事も効果的です。

生活習慣としての喫煙は、HDL(善玉コレステロール)を減らす
原因と考えられているので控えるようにしましょう。


生活習慣を改める事でコレステロールはコントロールできます。
しかし、十分に効果が無いときは、薬を使う事になります。
薬を服用するときは医師に相談しましょう。


健康を維持するためには、LDL、HDL双方のバランスが
大切です。




関連情報
 ・脂肪細胞の働き
 ・内臓脂肪と動脈硬化
 ・血糖値と内臓脂肪

 ページのTOPに戻る

コンテンツ
健康生活コラム
 ・毎年の健康診断
 ・食前キャベツ
 ・バランスが大事

関連情報
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定


 コレステロール改善   コレステロール情報   生命保険の入り方ガイド

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。