下がれコレステロール!ダイエット方法紹介>食事は腹八分目
 ・コレステロールと中性脂肪の違い ・高コレステロールと病気

食事は腹八分目

ダイエットだけでなく、健康的に過ごすために実践したいのが
食事は腹八分目。

食事は、ちょっと物足りないが丁度良いことです。

エネルギーのとり過ぎで起こる肥満。満腹になるまで食べれば
肥満になる可能性が上がります。


 胃の大きさは変化する
人間の胃の大きさは、平均1.3リットル〜1.4リットルです。
満腹になるまで過食を続けると、胃の内くうはドンドン大きく
なってしまいます。

胃の内くうが大きくなると、沢山食べても満腹感が乏しくなり
さらに沢山食べる事になります。

沢山食べる事で、エネルギーも多くなり、使われない余分な
エネルギーは中性脂肪として体の中に蓄えられ肥満に
なってしまいます。


 解決方法
大食い、ドカ食いの方はよくかまずに、急いで食事をする
傾向にあります。

よくかまないため、満腹中枢が働く前に大量の食べ物を
食べてしまうことになります。

時間をかけてゆっくりと食べる事で、大食い、ドカ食い
を解決する事が出来ます。


関連情報
 ・脂肪は質にこだわる
 ・油の酸化を防ぐには
 ・高コレステロール食品



食べ過ぎになりやすい食事環境を見直す
食べ過ぎを防ぐ一番簡単な方法は、食べ物のストックをヘアスことです。近くに食べ物がなければ食べ過ぎる心配はありません。

太りやすい生活環境を記録する
太る理由を知るためには、毎日の生活環境を記録し見直すことが一番の近道です。

 ページのTOPに戻る

ダイエット方法紹介
 ・目的を決める
 ・食事と栄養バランス
 ・朝食は必ず食べる
 ・ゆっくりと食べる
 ・食事は腹八分目
 ・辛くない運動
 ・食前キャベツ
 ・無理はしない


トマトの力でダイエット
トマトは西洋ではトマトが赤くて医者が青くなるといわれるほど健康野菜として台所の必需品になっています。

 コレステロール改善   コレステロール情報   生命保険の入り方ガイド

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。