下がれコレステロール!ダイエット方法紹介>ゆっくりと食べる
 ・コレステロールと中性脂肪の違い ・高コレステロールと病気

ゆっくりと食べる

ゆっくり食べる事とダイエット。関係ないように思いますが
大変関係があります。

ゆっくり食べると肥満予防効果があります。

肥満になるのは、使いきれないエネルギーを体にとりこむこと。
使わないエネルギーは脂肪になり体に蓄積されています。


 ゆっくり食べる事が肥満防止
必要以上のエネルギーを摂る事が肥満につながります。
ゆっくり食べる事は、食べすぎを防ぐ効果があります。

私たちの体は満腹と感じたら食事を食べなくなります。
満腹と感じるのは、胃では無く、頭の中です。

頭で満腹と感じるまでには時間がかかり20分以上
必要といわれています。

20分以下の時間で食事をすれば、頭は満腹と感じず
間食を行いがちになります。

20分以上時間をかけると、少ない食事量でも
満腹と感じ食べすぎ防止につながります。


関連情報
 ・ビタミンCとコレステロール
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・カロテン類とコレステロール

 ページのTOPに戻る

ダイエット方法紹介
 ・目的を決める
 ・食事と栄養バランス
 ・朝食は必ず食べる
 ・ゆっくりと食べる
 ・食事は腹八分目
 ・辛くない運動
 ・食前キャベツ
 ・無理はしない


トマトの力でダイエット
トマトは西洋ではトマトが赤くて医者が青くなるといわれるほど健康野菜として台所の必需品になっています。

 コレステロール改善   コレステロール情報   生命保険の入り方ガイド

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。