下がれコレステロール!ダイエット方法紹介>朝食は必ず食べる
 ・コレステロールと中性脂肪の違い ・高コレステロールと病気

朝食は必ず食べる

朝食を抜けばダイエットになるというのは間違いです。

1日に必要なエネルギーを昼食と夕食だけで摂ると、一食の
エネルギーが必然的に多くなります。

エネルギーが多くなると、使わないエネルギーは
余分なエネルギーとなり体の中にたまりやすくなります。

1日の総カロリーが同じなら、回数を分けると余分なエネルギーが
少なくなり太りにくくなります。

朝食が食べられないと言う方も多いと思います。
考えられる理由として時間がない、お腹がすいていないと言う
二つが考えられます。

時間がない方は、寝る前に朝食の準備をしておくなど
食べるための工夫をする事で解決できます。

お腹がすいていない方はちょっと問題です。
夕ご飯の時間を見直してみましょう。

夕ご飯は、寝ている間のエネルギーをまかなうためのもの。
食べ過ぎる必要はありません。
夕食の時間は21時までには済ませて起きましょう。


 朝食は9時までに
朝食は、9時までに食べるようにしましょう。

朝食には、ダイエットのため意外に体をシャキット目覚めさす
効果があります。

朝が苦手な方は、早起きの方法を体験談を元に紹介した
早起きネットがお薦めです。


健康情報
 ・適度に運動をする
 ・ストレスに注意
 ・タバコに注意

 ページのTOPに戻る

ダイエット方法紹介
 ・目的を決める
 ・食事と栄養バランス
 ・朝食は必ず食べる
 ・ゆっくりと食べる
 ・食事は腹八分目
 ・辛くない運動
 ・食前キャベツ
 ・無理はしない


トマトの力でダイエット
トマトは西洋ではトマトが赤くて医者が青くなるといわれるほど健康野菜として台所の必需品になっています。


 食事制限と適度な運動で3か月で6キロ落ちました
 コレステロール改善   コレステロール情報   生命保険の入り方ガイド

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。