下がれコレステロール!肥満情報>脂肪の栄養素
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

脂肪の栄養素

脂肪が増えすぎると肥満の原因となり生活習慣病や病気の原因となります。

脂肪は増えすぎると体に悪影響を及ぼしますが、生きていくうえで必要な栄養素です。

脂質をとりすぎると肥満になる原因はエネルギー量にあります。タンパク質、炭水化物、脂質を比べてみると、同じ重さでもエネルギーの量に違いがあります。

同じ1グラムあたりのエネルギーは、
タンパク質
炭水化物
脂質
・・・ 4キロカロリー
・・・ 4キロカロリー
・・・ 9キロカロリー
と、脂質のエネルギーが一番多くなります。

脂質は、エネルギーが多いからといって、減らせばよいわけではありません。適度に脂質も摂る必要があります。

健康維持のために、コレステロールも、中性脂肪も必要だからです。

 ダイエットの誤解

体に付いた脂肪を減らすために油脂類を減らしがちですが、油物を全て減らしても内蔵の中性脂肪が減るわけではありません。

中性脂肪を増やす原因は、主に糖質(炭水化物)だからです。

炒め物などで使う、サラダ油。サラダ油にはビタミンEが含まれています。ビタミンEには若返りの効果もあり、抗酸化力が強い栄養素です。

ビタミンEが不足すると、肌荒れや老化を早める事があることを覚えておきましょう。



健康情報
 ・カロテン類とコレステロール
 ・ポリフェノールと抗酸化作用
 ・タウリンとコレステロール

 ページのTOPに戻る

肥満情報
 ・脂肪とは何?
 ・脂肪の栄養素
 ・カロリーとは?
 ・肥満のタイプ
 ・内臓脂肪の原因
 ・肥満と生活習慣
 ・ダイエットと内臓脂肪


ダイエット方法紹介
 ・目的を決める
 ・食事と栄養バランス
 ・朝食は必ず食べる
 ・ゆっくりと食べる
 ・食事は腹八分目
 ・辛くない運動
 ・食前キャベツ
 ・無理はしない



 健康管理のために

黒豆ごぼう茶で毎日快調生活
ごぼうの根をお茶にすることで不溶性の食物繊維、水溶性の食物繊維がお茶として毎日の生活の中に取り入れることができます。

毎日適度な運動
適度な運動を毎日続ける事でコレステロール改善につながります。

 コレステロール改善   コレステロール情報   生命保険の入り方ガイド

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。