下がれコレステロール!コレステロールバトル>夕食キャベツ
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

夕食キャベツ

毎晩夕食にキャベツを食べる事です。キャベツの食物繊維に注目してみました。

キャベツは年間を通して1個150円〜290円と比較的安く手に入れる事が出来る野菜です。しかも冷蔵庫に入れておけば保存も出来ます。

一番大事なポイントは、調理が簡単な事です。



夕食キャベツ・簡単クッキング

 鍋にお水を入れます。
 水洗いしたキャベツを適量入れます。(葉4枚ぐらい)
 沸騰したら出来上がり。
 皿に盛り付け、ポン酢でいただきます。

鳥のムネ肉(皮無し)、チクワを入れるとメイン料理にもなります。



夕食キャベツの威力

夕食にキャベツの説明!!
毎晩キャベツだけを食べる事ではありません。

食事の最初にキャベツを食べてから食事を始めます。キャベツを最初によくかんで食べる事で満腹中枢が刺激され食べすぎを防ぐのと食物繊維をとる事が目的です。

最初にキャベツの目的
 満腹中枢を刺激し食べすぎを防ぐ。
 食物繊維をとる。

キャベツにはドレッシング、マヨネーズはかけません。カロリー、コレステロールのとりすぎになるからです。

管理人BJが行った方法は、キャベツを湯がいて食べました。食べにくいキャベツの芯も柔らかく食べる事が出来ます。味付けはポン酢で食べました。ポン酢のカロリーは1食分11キロカロリーと少ないからです。

夕食キャベツを実践した結果は大成功!!

コレステロール中性脂肪ともに下がっています。

管理人BJには、夕食キャベツは効果がありました。ただし効果については個人差がありますのでご注意ください


健康情報
 ・室内でできる踏み台運動
 ・体脂肪とコレステロール
 ・食べ過ぎの原因【ながら食い】

 ページのTOPに戻る

肥満情報
 ・脂肪とは何?
 ・脂肪の栄養素
 ・カロリーとは?
 ・肥満のタイプ
 ・内臓脂肪の原因
 ・肥満と生活習慣
 ・ダイエットと内臓脂肪


ダイエット方法紹介
 ・目的を決める
 ・食事と栄養バランス
 ・朝食は必ず食べる
 ・ゆっくりと食べる
 ・食事は腹八分目
 ・辛くない運動
 ・無理はしない


カプサイシンでダイエット
辛味成分が代謝を高めてエネルギー消費をスムーズにして内臓脂肪の燃焼に効果があります。


ココナッツオイルサプリメント ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸で中性脂肪撃退

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。