下がれコレステロール!コレステロールと外食メニュー>中華料理の注意点
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

中華料理の注意点

中華料理は一般的にラードが使われており、動物性脂肪の多い料理が多いのでコレステロール中性脂肪が気になる方には向かない外食です。

中華料理にはレバーやもつなどの内蔵を使う料理もあるので注意が必要です。

コレステロール、動物性脂肪の多い中華料理ですが、メニューによっては野菜がタップリ使われているものもあります。

中華料理を食べるときは野菜が沢山使われているものを選びましょう。

 中華料理を食べるとき!

中華料理のコースを食べるときは、一つの大皿をみんなで食べるため、食べ過ぎてしまう傾向があります。中華料理のコースを食べるときは控えめにしておきましょう。

 スープは比較的カロリーが低くなっています。
 ご飯、麺類は控えめに。
 点心は控えめに。
 蒸し物、揚げ物は少なめに食べます。
 老酒には砂糖を入れないようにします。

ニラレバー炒め。かに玉、天津丼はコレステロールが多いので控えるようにしておきましょう。


関連情報
 ・ビタミンCとコレステロール
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・カロテン類とコレステロール

 ページのTOPに戻る

コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定


コレステロールと外食メニュー
 ・外食の注意点
 ・和食とコレステロール
 ・麺類とコレステロール
 ・寿司とコレステロール
 ・しだし弁当の注意点
 ・パン、サンドイッチ
 ・中華料理の注意点
 ・焼肉とコレステロール
 ・ファミリーレストラン
 ・コンビニ、惣菜メニュー
 ・フランス料理
 ・居酒屋メニューの注意点


毎日適度な運動
適度な運動を毎日続ける事でコレステロール改善につながります。


VCOサプリメント
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の力を借りたサプリメントです。

中鎖脂肪酸が肝臓で燃焼するとき、蓄積されている他の脂肪分も一緒に燃焼させる効果があり、ダイエットにも効果的な脂肪酸の一つとされています。
コレステロールを考えて低カロリーの食事  ・豆乳クッキーでカロリーをおさえよう

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。