下がれコレステロール!コレステロールと外食メニュー>しだし弁当の注意点
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

しだし弁当の注意点

しだし弁当のカロリーは多い物で1000キロカロリーあります。平均的な中身はご飯が350キロカロリー、おかずが400キロカロリー〜500キロカロリーです。

しだし弁当の中身は動物性脂肪の多い肉やひき肉、揚げ物が多く、サラダの内容はマカロニやジャガイモを使った糖質のものが多く野菜は少なめになっています。

 しだし弁当を食べるとき!

しだし弁当の中で肉の脂身や動物性脂肪は残すようにしましょう。

毎日しだし弁当を食べる人や、夕食も外食が多い人は出来るだけ食物繊維を取るようにします。しだし弁当に入っている野菜だけでは食物繊維が不足するからです。

食物繊維の多い緑黄色野菜のサラダや、階層入りのメニューを注文する事で食物繊維を摂る事が出来コレステロール値が下がりやすくなります。




関連情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報
 ・サプリメント情報

 ページのTOPに戻る

コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定


コレステロールと外食メニュー
 ・外食の注意点
 ・和食とコレステロール
 ・麺類とコレステロール
 ・寿司とコレステロール
 ・しだし弁当の注意点
 ・パン、サンドイッチ
 ・中華料理の注意点
 ・焼肉とコレステロール
 ・ファミリーレストラン
 ・コンビニ、惣菜メニュー
 ・フランス料理
 ・居酒屋メニューの注意点


毎日適度な運動
適度な運動を毎日続ける事でコレステロール改善につながります。


VCOサプリメント
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の力を借りたサプリメントです。

中鎖脂肪酸が肝臓で燃焼するとき、蓄積されている他の脂肪分も一緒に燃焼させる効果があり、ダイエットにも効果的な脂肪酸の一つとされています。
コレステロールを考えて低カロリーの食事  ・豆乳クッキーでカロリーをおさえよう

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。