下がれコレステロール!コレステロールと外食メニュー>寿司とコレステロール
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

寿司とコレステロール

お寿司は魚介類を使っているのでコレステロール値が高めの片でも安心して食べる事が出来るものです(食べすぎはいけません)。

お寿司の中にはコレステロールだけでなくカロリーの高いお寿司もあることを覚えておきましょう。

玉子焼き、ネギトロ、アナゴは握り1個で100キロカロリー前後のエネルギーがあります。美味しくても食べすぎには注意が必要です。

 寿司選びのポイント!

お寿司で使われる脂身のある魚、イカや貝類、いくら、ウニ等はコレステロールを多く含みますが、コレステロールを下げる働きがあるDHAやタウリンが沢山含まれているので安心して食べる事が出来ます。

 握り寿司1個のエネルギー 【めやす】
30キロカロリー ・・・ あわび、イカ、タコ、数の子、車庫、とり貝
40キロカロリー ・・・ 赤貝、イサキ、スズキ、ホタテ貝。タイ、白魚
60キロカロリー ・・・ 車えび、マグロ、アジ、カツオ、ウニ、カンパチ
90キロカロリー ・・・ しめさば、大トロ、こはだ、イワシ、いくら、はまち
100キロカロリー ・・ 玉子焼き、ネギトロ、アナゴ


関連情報
 ・食事内容と食べ方
 ・朝食とまとめ食い
 ・ストレスと肥満


 ページのTOPに戻る

コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定


コレステロールと外食メニュー
 ・外食の注意点
 ・和食とコレステロール
 ・麺類とコレステロール
 ・寿司とコレステロール
 ・しだし弁当の注意点
 ・パン、サンドイッチ
 ・中華料理の注意点
 ・焼肉とコレステロール
 ・ファミリーレストラン
 ・コンビニ、惣菜メニュー
 ・フランス料理
 ・居酒屋メニューの注意点


毎日適度な運動
適度な運動を毎日続ける事でコレステロール改善につながります。


VCOサプリメント
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の力を借りたサプリメントです。

中鎖脂肪酸が肝臓で燃焼するとき、蓄積されている他の脂肪分も一緒に燃焼させる効果があり、ダイエットにも効果的な脂肪酸の一つとされています。
コレステロールを考えて低カロリーの食事  ・豆乳クッキーでカロリーをおさえよう

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。