下がれコレステロール!中性脂肪を下げる>飲みすぎない事
肥満のタイプ ・りんご型肥満 ・洋ナシ型肥満 ・隠れ肥満

飲みすぎない事

お酒には疲労回復や、ストレスを解消する働きがあり、
適量のお酒は血行をよくし、善玉コレステロールを増やすなど
プラスになります。
 >> アルコールと動脈硬化

 適度のお酒は健康面にプラスに働きます。


お酒(アルコール)の原料は、米や麦で出来ているのでお酒の
エネルギーは比較的高くなっています。

体の中では、アルコール1グラムが7キロカロリーになります。

お酒のエネルギーは同じ重さの糖質や、タンパク質よりも
高いエネルギーです


お酒を飲み過ぎないためにも、1日に飲む量を決めておきます。

一般的に1日のアルコール適量は、ビール中瓶1本、日本酒1合、
ウイスキーなら1杯程度が1日の適量です。

アルコールを飲むときは、お酒以外におつまみも要注意!。

アルコールは食欲を促進する働きがあるので、つい食べ過ぎて
しまいます。

お酒の量だけでなくおつまみまでしっかりと注意しておきます。



関連情報
 ・中性脂肪の役割
 ・肥満のタイプ
 ・内臓脂肪型肥満


 ページのTOPに戻る

中性脂肪の基礎知識
 ・中性脂肪と脂質
 ・中性脂肪とは?
 ・体の中性脂肪
 ・中性脂肪と肥満
 ・中性脂肪のカロリー
 ・中性脂肪と食事
 ・中性脂肪と肥満


トマトの力でダイエット
トマトには胃を健康にする、高血圧予防、肝臓病予防、二日酔い予防、解熱作用、肌を綺麗にするなどの効果があります。

楽々メタボト茶ダイエット
メタボ茶には厳選された、ダイエットプアール茶、黒豆、杜仲茶、烏龍茶が絶妙の加減でブレンドされています。

 コレステロール改善   コレステロール情報   生命保険の入り方ガイド

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。