下がれコレステロール!コレステロールを下げる>食べ過ぎない事
 ・コレステロールとは ・コレステロールの役目

食べ過ぎない事

コレステロールを上手に下げるため食べ過ぎない事が大事です。

食事から1日に撮るコレステロールの量は300ミリグラムが
適正とされるため、食べ過ぎるとオーバーしてしまいます。

特に夕食は食べ過ぎる傾向があるので注意しましょう。


朝食で摂ったエネルギーは消費されますが、夕食で摂った
エネルギーは消費されずに体の中に中性脂肪として
蓄えられていきます。

コレステロールを上げないために、食事コントロールは重要です。
夕食を抜く必要はありません、。しかし食べ過ぎないように
抑える努力は必要です。

ダイエットを考える上でも、食事を抜く事はマイナスです。
体重はすぐに落ちますが、リバウンドと痩せにくい
体になってしまいます。

食事を抜くだけのダイエットは基礎代謝が下がり、
同じ運動量でもエネルギーが消費されないからです。


食事は制限して食べる事が大事です。食事は腹八分目。



関連情報
 ・食事内容と食べ方
 ・食事療法の基本
 ・沢山かむ習慣


 ページのTOPに戻る

コレステロールを下げる
 ・バランスの良い食事
 ・食品を沢山食べる
 ・食べ過ぎない事
 ・食物繊維が大事
 ・料理方法に一工夫
 ・油は植物油が基本
 ・御菓子はほどほどに
 ・お酒を飲みすぎない

毎日適度な運動
適度な運動を毎日続ける事でコレステロール改善につながります。
 コレステロール改善   コレステロール情報   生命保険の入り方ガイド

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。