下がれコレステロール!コレステロールと食事>緑黄食野菜の力
ココナッツオイルサプリメント ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸で中性脂肪撃退

緑黄食野菜の力

コレステロール値を下げる働きがある多価不飽和脂肪酸ですが、
酸化しやすい欠点があります。

多価不飽和脂肪酸が酸化すると、体によくない影響が出ます。ベータカロテンやビタミンC、Eを撮る事で多価不飽和脂肪酸が酸化を防止する事が出来ます。


緑黄食野菜の力
ベータカロテン、ビタミンC、Eを沢山含む食品は身近にある緑黄色野菜です。食物繊維も沢山含まれ、カロリーも低いので、ベータカロテン、ビタミンC、Eを撮るには最適な食品です。

ベータカロテン、ビタミンC、Eは、料理にちょっと工夫するだけで上手にとる事が出来ます。

ベータカロテンは油と一緒に加熱する事で吸収効率がよくなります。

ビタミンCは熱に弱いのでなめ出食べるようにしましょう。例外としてかぼちゃ、レンコンのビタミンCは熱に強いです。


ビタミンEの効果
ビタミンEは、緑黄食野菜のほか、魚介類や果実類、豆類、鶏卵にも多く含まれています。

ビタミンEは、血管を丈夫にする働きや血行をよくする働きがあり、コレステロールの病気としてよく聞く動脈硬化の予防にもつながると言われています。



関連情報
 ・穀物と食物繊維
 ・コレステロール値を下げるために
 ・食べ過ぎの原因【ながら食い】


 ページのTOPに戻る

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力


ダイエット方法紹介
 ・目的を決める
 ・食事と栄養バランス
 ・朝食は必ず食べる
 ・ゆっくりと食べる
 ・食事は腹八分目
 ・辛くない運動
 ・無理はしない


カプサイシンでダイエット
辛味成分が代謝を高めてエネルギー消費をスムーズにして内臓脂肪の燃焼に効果があります。

 コレステロール改善   コレステロール情報   生命保険の入り方ガイド

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。