下がれコレステロール!コレステロールの基礎知識>コレステロールの役目
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

コレステロールの役目

コレステロールの役割には大きく分けて3つあります。
細胞の構成材料、ホルモンの材料、胆汁酸の材料でうす。

コレステロール3つの役割

 コレステロールは細胞膜の構成成分になっています。私たちの体には60兆の細胞があり、細胞の膜をコレステロールの2重の膜が形作っています。

 コレステロールは、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの材料になります。

 コレステロールは胆汁酸の材料になります。胆汁酸は消化液である胆汁の主成分になり肝臓で作られます。


コレステロールは、増えすぎると辛さによくありません。しかしコレステロールは体にとって必要な物であることを覚えておきましょう。



コレステロールとは
コレステロールと聞くと悪いイメージしかありませんが私たちが生きていくうえでコレステロールは必要なものです。

コレステロールと血液
コレステロールや中性脂肪は水に溶けることはありません。コレステロールや中性脂肪は脂質だからです。

善と悪のコレステロール
2種類のコレステロールとは、運搬約のリポタンパクの種類です。リポタンパクの種類のよりHDL、LDLに分ける事が出来ます。


関連情報
 ・コレステロール改善情報
 ・おなか周りは大丈夫
 ・夕食が遅くなる時はカロリーに注意

 ページのTOPに戻る

コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定


コレステロールと生活習慣
 ・運動とコレステロール
 ・有酸素運動のすすめ
 ・ウォーキングに挑戦
 ・運動の消費カロリー
 ・毎日の運動量増加計画
 ・運動の注意点
 ・ストレスをためない
 ・睡眠を上手に取る
 ・良い生活習慣
 ・タバコとコレステロール
 ・定期的な健康診断
 コレステロール改善商品、売れ筋ランキング   コレステロール情報   生命保険比較

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。