下がれコレステロール!コレステロールの基礎知識>血液中の脂質
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

血液中の脂質

脂肪は生きていくうえで必要な栄養素です。脂肪の仲間を総称して脂質と言います。

脂質は体を構成している細胞の部品になったり、様々なホルモンの材料にもなります。

血液の中にも脂質は含まれています。

血液は、血漿に赤血球や白血球、血小板が含まれたものです。

血液が赤い色をしているのは白血球が含まれているからです。
脂質は、血漿の中に含まれています。

血漿の中に含まれる脂質は4種類あります。

 コレステロール ・・・ 細胞膜の構成成分、副腎皮質ホルモン、胆汁酸の原料にもなります。

 中性脂肪 ・・・ 脂肪細胞や肝臓に蓄えられエネルギーのなります。

 遊離脂肪酸 ・・・ 中性脂肪のままではエネルギーとして使われません。中性脂肪は必要に応じて遊離脂肪酸として血液の中に放出されエネルギーとして使われます。

 リン脂質 ・・・ コレステロールと同じように細胞膜の主な構成成分です。また水に溶けにくい他の脂質を包み血液中を運ぶ役割も果たしています。



関連情報
 ・コレステロールと健康診断
 ・コレステロールを下げる有酸素運動
 ・ビタミンで動脈硬化予防


 ページのTOPに戻る

コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定


コレステロールと生活習慣
 ・運動とコレステロール
 ・有酸素運動のすすめ
 ・ウォーキングに挑戦
 ・運動の消費カロリー
 ・毎日の運動量増加計画
 ・運動の注意点
 ・ストレスをためない
 ・睡眠を上手に取る
 ・良い生活習慣
 ・タバコとコレステロール
 ・定期的な健康診断
 コレステロール改善   コレステロール情報   生命保険の入り方ガイド

Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。