下がれコレステロール!>コレステロールと中性脂肪の違い
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

コレステロールと中性脂肪の違い

コレステロール中性脂肪は私たちが生きていくうえで重要な働きをするため必要なものです。しかし過剰にとり過ぎると健康を損なう原因となります。


 コレステロール
コレステロールは血液中のほか、主に脳、肝臓、腎臓、副腎などの臓器、神経細胞に存在し体の中にあるこれる手ロールの量は100グラム程度と考えられています。

コレステロールは、食事から体の中に取り入れたり、体の中で合成したりします。食事から取り入れる量は1日約0.3グラム〜0.5グラム程度。体の中では約1.5グラム〜2グラムほど合成されます。

 コレステロールは、食事で取り入れる量よりも、体の中で合成される量のほうが多い。

私たちが1日に必要とするコレステロールの量は1グラム〜1.5グラムぐらいと考えられています。食事で多く取り入れたときは体で語勢する漁が減少し必要な量が調整されます。

しかし、動物性の脂質を沢山摂りすぎたり、運動不足などが重なるとコレステロールが体の中に増えることになります。

 食事で摂るコレステロールの量は300ミリグラムです(厚生労働省が設定した数値)。



 中性脂肪
体の中の脂質で一番量の多いのが中性脂肪です。体重が60キロの方で約8キロ〜10キロあると考えられています。

中性脂肪のエネルギー量は非常に高く中性脂肪1グラムで9キロカロリーのエネルギーになります。中性脂肪のエネルギーは同じ重さの糖質やタンパク質の倍のカロリーに匹敵します。

 中性脂肪1グラムで9キロカロリーのエネルギー。

中性脂肪は糖質や脂質食品等の使われずにあまったエネルギーを元に体の中で作られます。

使わない栄養素が多くなれば、中性脂肪の合成が盛んになり、血液中、皮下、内蔵などに脂肪として蓄えられていきます。中性脂肪は同じ重さの糖質やタンパク質よりもエネルギーとしての価値があるため体はドンドン蓄えます。

使わない栄養素を摂ると体はドンドン中性脂肪を体に溜め込み肥満になります。

 使われない栄養素は、中性脂肪として体の中に蓄えられていきます。


毎日の食生活を見直してみる
コレステロール値が上がる理由は毎日の食生活にあります。

食べ過ぎない知識を覚える
いつもお腹いっぱいになるまで食べたのではエネルギーの取りすぎになります。
朝食をしっかり食べる
食事を抜くと太りやすくなります。

夕食が遅くなる時はカロリーに注意
長時間エネルギー補給が行われないと体は不足した栄養を取り戻そうと働くので体内で作られるコレステロールの量も増えます。
 ページのTOPに戻る



Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。

下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。