下がれコレステロール!>豆乳クッキーとダイエット

豆乳クッキーとダイエット

コレステロールと食事は非常に深い関係があります。

必要以上に食事を取りすぎると肥満の原因だけでなくコレステロールの増加にもつながります。

コレステロールを正常値に近ずけるためには適度な運動と食生活に注意する事が大切です。

特に食生活は大切でカロリーを必要以上に取らない事です。カロリーを必要以上に取ると使わないエネルギーは脂肪として体の中に蓄えられていきます。


カロリーを取りすぎないためには食事を抜けばよいと考えるかもしれませんが逆効果です。

食事を抜く事で、体は飢餓状態になり少ない食事からエネルギーを取り込むようになります。この状態で食事が増えると大量のエネルギーをとることになります。


食事の回数をへらすのではなく、食事のエネルギーを減らす事が大切になります。


食事のエネルギーを減らすためには、カロリーの高い肉料理を控える、油料理を控えるなど工夫して上手にコントロールしましょう。


ダイエットに使われる豆乳クッキー など、満腹感がありカロリーの低い食べ物を上手に活用する事で1日のカロリーを抑えることが出来ます。

一食あたりのカロリーが低く、お昼の【幕の内弁当(897kcal)】を、【豆乳クッキーダイエット(146kcal】に替えるだけでも、カロリー下がります。

カロリーが下がるだけでなく、満腹感があるのでつらい思いがないのが一番嬉しいところです。

満腹の秘密はクッキーに含まれているオカラ。水を含む事で2倍〜3倍にふくらみ満腹感が持続します。さらに食物繊維を多く含むので便秘解消にも効果的です。


 豆乳クッキーダイエット
カロリーを徹底的におさえられ、満腹感があって、栄養のバランスもよく、味もおいしい!ダイエッターの声をもとに、無理のない、健康的なダイエットができるように作った自信作です! これで9食食べて頂き、効果を体感頂けない場合は、商品代金は、全額お返しいたします。


 ページのTOPに戻る

コンテンツ
コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力

コレステロールを下げる
 ・バランスの良い食事
 ・食品を沢山食べる
 ・食べ過ぎない事
 ・食物繊維が大事
 ・料理方法に一工夫
 ・油は植物油が基本
 ・御菓子はほどほどに
 ・お酒を飲みすぎない





Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。