下がれコレステロール!コレステロール補足情報>水でドロドロ血液解消

水でドロドロ血液解消

私達の体は70%以上が水分で出来ています。体の水分が不足すると血液が濃縮され心筋梗塞の危険度もまして行きます。


体の中の水分は汗、呼吸、尿などで常に失われていくので人は1日に体重×50ミリリットルのすいぶんが必要とされています。

たとえば、体重65キロの人は1日3.25リットルの水分が必要です。食品から約1リットル、細胞代謝で300ミリリットル、残りを飲み物から取るのが一般的です。


水分が不足すれば喉が渇くので大丈夫と思いがちですが、喉が渇くなどの自覚症状は脱水症状がかなり進まないと出てこないので、私達は水分不足になりがちです。


水分不足が慢性化すると、新陳代謝が低下し、血液が濃縮されドロドロ血液になってしまいます。


特に高コレステロールの方は余分な脂質で血液の流れが悪いので体の水分が不足すると血液がいっそう濃縮され血栓が出来やすくなる恐れがあります。


血液の濃縮を防ぐには、体が必要としている水分を上手に補給する事が大切です。


お茶などのノンカロリーの飲み物も良いのですがカフェインを含むので水分補給に一番適しているのは水です。


毎日水を少しずつこまめに飲むことで新陳代謝が活発になり老廃物の排出が促され血液の濃縮も改善されます。

毎日飲むお水は水道水で十分です。しかしミネラルウォーターにかえると腎機能を活発にし老廃物を尿として排出したり胃腸を刺激して便秘を解決するなどの水以上の効果が期待できます。

ミネラルウォーターは水道水にないカルシウムやマグネシウムなどミネラルを豊富に含んでいるからです。

ミネラルの吸収には30分程度の時間が必要になるので、30分以上間隔をあけながらのむ事が良いでしょう。


関連情報
 ・内臓脂肪と高脂血症
 ・内臓脂肪と痛風
 ・内臓脂肪と脂肪肝

 ページのTOPに戻る

コンテンツ
コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力

コレステロールを下げる
 ・バランスの良い食事
 ・食品を沢山食べる
 ・食べ過ぎない事
 ・食物繊維が大事
 ・料理方法に一工夫
 ・油は植物油が基本
 ・御菓子はほどほどに
 ・お酒を飲みすぎない




Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。