下がれコレステロール!コレステロール補足情報>チョコレートの効果

チョコレートの効果

適量のチョコレートは動脈硬化の予防になり心をリラックスさせ集中力を高める効果が期待できます。


チョコレートの原料はカカオ豆で原産地は中南米です。

チョコレートは高カロリー、高脂肪食品なのでコレステロールの高い方や太り気味の方に敬遠されがちですがチョコレートにもコレステロール改善の効果があります。


注目するところは、チョコレートに含まれるカカオポリフェノールです。

カカオポリフェノールの抗酸化作用で体内の活性酸素を除去しLDL(悪玉コレステロール)の酸化を押さえるなど、動脈硬化の予防につながります。


チョコレートにはテオブロミンと言う成分が含まれており、自律神経を調整して神経を沈める作用があります。

同時に大脳皮質を適度に刺激し集中力を高める効果もあります。


チョコレートの原料であるカカオ豆には、ビタミンE、カルシウム、鉄分、マグネシウムなどのミネラル、食物繊維も多く含まれています。

これらの成分の働きで疲労回復、貧血、便秘の改善も期待できます。


チョコレートの有効成分を効率よく取るためにブラックかビターのチョコレートを味わうようにしましょう。

チョコレート1日の食べる目安は30グラムまでです。

 ・チョコレートで疲労回復



 健康管理のために
VCOサプリメント
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸の力を借りたサプリメントです。

中鎖脂肪酸が肝臓で燃焼するとき、蓄積されている他の脂肪分も一緒に燃焼させる効果があり、ダイエットにも効果的な脂肪酸の一つとされています。


関連情報
 ・ストレスと肥満
 ・お酒と肥満
 ・生活と運動量


 ページのTOPに戻る

コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力


健康第一コレステロール情報

減らせコレステロール!


楽々メタボト茶ダイエット
メタボ茶には厳選された、ダイエットプアール茶、黒豆、杜仲茶、烏龍茶が絶妙の加減でブレンドされています。




Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。