下がれコレステロール!コレステロール補足情報>塩分と高血圧

塩分と高血圧

塩分の多い食品は高血圧の原因になるだけでなくご飯を食べ過ぎてしまう結果になります。



塩分の多い食品はご飯との相性がよく、お酒やご飯が進んでしまうからです。ご飯を食べ過ぎてしまうと中性脂肪が増え、肥満になる可能性があります。

1日の塩分は7グラム以下に抑えるようにしておきましょう。


塩分を抑えるポイントはしょうゆや味噌、食塩などの調味料を控えめにして、天然のだしをとり料理を薄味にすることです。

薄味の料理でもだしをしっかりととることで美味しく食べる事が出来ます。


うまみ調味料には塩と同じナトリウムが入っています。うまみ調味料を使うときはアミノ酸などの表示のないものを選ぶとよいでしょう。


加工食品の塩分も要注意です。

ハムやソーセージ、ベーコン、かまぼこ、佃煮、たくあんなどの漬物には塩分が多量に含まれています。加工されているので見落としがちですが、食べる時は減塩タイプの加工食品を選ぶようにしましょう。

量を控える事も大切です。


関連情報
 ・生活習慣との関係
 ・メタボリックとの関係
 ・高脂血症について


 ページのTOPに戻る

コンテンツ
コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力

コレステロールを下げる
 ・バランスの良い食事
 ・食品を沢山食べる
 ・食べ過ぎない事
 ・食物繊維が大事
 ・料理方法に一工夫
 ・油は植物油が基本
 ・御菓子はほどほどに
 ・お酒を飲みすぎない


コレステロール補足情報


Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。