下がれコレステロール!コレステロール補足情報>麦茶で血液サラサラ

麦茶で血液サラサラ

私たちの血液は、体にエネルギーを運んだり老廃物を
回収する働きがあります




血液がサラサラに流れている時は問題がないのですが、
血液の流動性が悪くなると、毛細血管で血球が詰まってしまい
栄養や老廃物がうまく流れなくなります。

このようになると心臓は何とか血流を上げようとするため
血圧が上がることになります。

この状態は心臓に負担をかけるだけでなく、血管にも無理が
かかります。

血液をサラサラにすることは健康ですごすためにも非常に
大切なことです。



血液をサラサラにする効果が麦茶にあることが研究で
解かってきました。

また、ピラジン類という麦茶の香り成分が血小板の凝集を防ぎ
決戦や血液の粘度が高まるのを抑えてくれているのも
解かっています。


麦茶の特徴はノンカフェインで赤ちゃんからお年寄りまで
安心して飲める飲み物です。


カフェインは取りすぎると、胃の粘膜を荒らしたり眠れなくなる
などの作用があります。

カフェインを含んでいない麦茶にはそのような心配は
ありません。


血液をサラサラにしてくれる麦茶、実験によると250ミリリットル
の麦茶で約1時間は血液が流れやすくなることが解かっています。


1日に3回程度飲むようにするとよいでしょう。

特に朝起きた時は血液の粘度が高くなっているので
起きた時の一杯はより効果的です。


麦茶は、二条大麦と六条大麦があります。
六条大麦は、ピラジン類が二条大麦の3倍多く生成されるので
六条大麦の麦茶がお奨めです。



健康情報
 ・朝食をしっかり食べる
 ・夕食が遅くなる時はカロリーに注意
 ・外食メニューの選び方

 ページのTOPに戻る

コンテンツ
コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力

コレステロールを下げる
 ・バランスの良い食事
 ・食品を沢山食べる
 ・食べ過ぎない事
 ・食物繊維が大事
 ・料理方法に一工夫
 ・油は植物油が基本
 ・御菓子はほどほどに
 ・お酒を飲みすぎない



話題沸騰!黒豆から生まれた
【メタボメ茶】


Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。