下がれコレステロール!コレステロール情報>上下するコレステロール

上下するコレステロール

コレステロール値は体の状態で高くなったり低くなったりします。



 コレステロールが高くなる理由
食事から摂取する量が多いか、体で作る量が多いかどちらかの
理由が考えられます。

体で必要とされるコレステロールの80%は肝臓で作られるので
総コレステロール値が高い時は体内で増えすぎていると考え
られます。

コレステロールを成分の一部とする胆汁や胆汁酸を作る酵素に
関係する機能が弱い場合もコレステロールが高くなります。

肝臓がコレステロールを排出する力が弱くなるとコレステロールが
高くなります。

病気で腎臓が悪くなると、肝臓が機能を補うためコレステロールを
多めにつくりコレステロール値が高くなる時もあります。

生活習慣病の、糖尿病、甲状腺機能低下症などでも
コレステロール値は高くなります。


 コレステロールが低くなる理由
コレステロールを作る肝臓の機能低下が考えられます。

食生活の改善、毎日の運動を行っていないのにコレステロール値が
下がってきたら簡単に喜ばずに体の異常を考えて見ます。



関連情報
 ・食用油と内臓脂肪
 ・温野菜と内臓脂肪
 ・キャベツの効果


 ページのTOPに戻る

コンテンツ
コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力

コレステロールを下げる
 ・バランスの良い食事
 ・食品を沢山食べる
 ・食べ過ぎない事
 ・食物繊維が大事
 ・料理方法に一工夫
 ・油は植物油が基本
 ・御菓子はほどほどに
 ・お酒を飲みすぎない

健康情報
 ・コレステロール
 ・キャベツダイエット
 ・血液サラサラ情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報


コレステロール補足情報


Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。