下がれコレステロール!コレステロール情報>カロリーを抑える料理方法
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

カロリーを抑える料理方法

料理方法を工夫知ればカロリーを上手に抑えられます。

 フライパン料理
フライパンは鉄製のものと、テフロン加工されたものの2種類が
あります。

炒め物などで使う油の量は、鉄製のフライパンに比べ、
テフロン製のフライパンは1/2の量で料理が出来ます。

油は食べ物の中でカロリーが高いので少しの量でも
カロリーに大きな差が出来ます。

中性脂肪が気になる方は、油の量が少なくて料理が出来る
テフロン製のフライパンを使いましょう。


 脂の多い肉料理
脂の多い肉を加熱調理すると、脂身の部分が溶け出し赤身の
部分に染込んでしまいます。

脂の多い肉を料理するときは、過熱する前に脂身を取り除く
事が料理のポイントになります。


 炒め料理はすばやく
炒め物は強火で短時間に料理するのがコツです。

短時間で料理できるように、電子レンジなどを使い
火を通しておくと、生で炒めるよりも短時間で料理できます。

時間が少なくて住むので使う油の量も少なくてすみます。

フライパンは油の量が少なくて料理できるテフロン製の
フライパンを使いましょう。


 蒸して脂分をカット
脂の多いお肉は蒸す事でかなりの脂分を取り除く事が出来ます。

蒸す前にお肉の脂部分を取り除くとさらに効果的です。

茹でると美味しくない鶏肉は、蒸す事で美味しく食べる
事が出来ます。

蒸すときは、蒸し器の蒸気が勢いよく出ている状態で
料理を行うようにしましょう。


食事の時間を決めるメリット
コレステロールを下げるために行う食事療法を続けるためには毎日の食事時間を決めるのが有効な方法です。起きる時間が決まれば寝る時間も自然に出来上がってきます。夕食や昼食も時間を決めておけば前後の行動パターンも決まり毎日の生活が規則正しくなります。


関連情報
 ・栄養バランスの良い食事を目指す
 ・毎日の食生活を見直してみる
 ・食べ過ぎない知識を覚える

 ページのTOPに戻る

コンテンツ
コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力

コレステロールを下げる
 ・バランスの良い食事
 ・食品を沢山食べる
 ・食べ過ぎない事
 ・食物繊維が大事
 ・料理方法に一工夫
 ・油は植物油が基本
 ・御菓子はほどほどに
 ・お酒を飲みすぎない

コレステロール補足情報


Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。