下がれコレステロール!コレステロール情報>基礎代謝量とは?
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

基礎代謝量とは?

基礎代謝量とは、安静にして横になっているときに使われる
エネルギーの量です。



呼吸する、心臓を動かす、体温を保つなど生きていく上で
必要になる最小限のエネルギーです。


基礎代謝の中で一番沢山使うエネルギーが筋肉です。

基礎代謝エネルギー全体の2/3を消費します。

私たちの体は筋肉が脂肪を除いた体の組織の約40%をしめて
いるためです。

筋肉が多い人ほど基礎代謝が大きくなります。

基礎代謝は筋肉の量、性別、年齢により差があります。


 基礎代謝の高め方
基礎代謝を高める方法は筋肉をつけることです。

日頃から運動をあまりしていない人は、軽い体操、ストレッチ、
ウォーキングなどから始めるようにすると良いでしょう。

運動とともに食事ではタンパク質を食べる事で筋肉を
増やす事が出来ます。

運動を行わない、食事制限だけのダイエットを行うと
脂肪と一緒に筋肉の量まで減るので注意が必要です。

>> 手軽な筋トレ


関連情報
 ・ストレスの種類
 ・ストレスと過食
 ・アロマと体脂肪燃焼

 コレストン 168カプセル 【第3類医薬品】
【久光製薬 コレストン】は、3つの有効成分配合。血清高コレステロールを改善し、血清高コレステロールに伴う末梢血行障害(手足の冷え・しびれ)を緩和する医薬品です。(第3類医薬品)



 ページのTOPに戻る

コンテンツ
コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力

コレステロールを下げる
 ・バランスの良い食事
 ・食品を沢山食べる
 ・食べ過ぎない事
 ・食物繊維が大事
 ・料理方法に一工夫
 ・油は植物油が基本
 ・御菓子はほどほどに
 ・お酒を飲みすぎない

健康情報
 ・コレステロール
 ・キャベツダイエット
 ・血液サラサラ情報
 ・内臓脂肪情報
 ・高血圧情報


 コレステロール情報
食事の基本
 ・食事は30回かむ習慣
 ・沢山野菜を食べる方法
 ・規則正しい食事が大事
 ・夕食の上手な食べ方
 ・食事とカロリー計算
 ・小粒で高カロリー食品
 ・食事療法と中性脂肪
 ・和食と中性脂肪
 ・お茶とコーヒーの効果

脂肪とコレステロール
 ・脂肪は必要
 ・中性脂肪はたまりやすい
 ・脂肪を貯める食事
 ・HDLと中性脂肪

食物繊維とコレステロール
 ・キャベツと食物繊維
 ・食物繊維が大事
 ・こんにゃくで腸内掃除
食品の栄養素
 ・ビタミンの抗酸化作用
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・ビタミンEと活性酸素
 ・ビタミンの老化防止効果
 ・水に溶ける食物繊維
 ・サプリメントの効果

食品とコレステロール
 ・青魚とコレステロール
 ・キャベツと食物繊維
 ・椎茸とコレステロール
 ・牛乳とコレステロール
 ・緑茶とコレステロール
 ・魚介類とタウリン
 ・果物のエネルギー
 ・玄米とコレステロール
 ・大豆とコレステロール
 ・果物の甘さに注意する
 ・のりとタウリン
 ・納豆で血液サラサラ
 ・こんにゃくで腸内掃除
 ・ブルーベリーと動脈硬化
運動とコレステロール
 ・運動とコレステロール
 ・基礎代謝量とは?
 ・運動と血液中の脂質
 ・運動、食事、中性脂肪
 ・毎日出来る運動の選び方
 ・準備運動と整理運動
 ・効果的な有酸素運動

生活習慣とコレステロール
 ・タバコとコレステロール
 ・ストレスとコレステロール
 ・就寝前の食事
 ・アルコールと動脈硬化
 ・カロリーを抑える料理方法
 ・血液検査の基礎知識
 ・コレステロールと遺伝
 ・睡眠と生活習慣
 ・コレステロールと高脂血症
 ・上下するコレステロール
 ・朝はお湯を飲む習慣
 ・マイクロダイエット紹介
コレステロール補足情報


Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。