下がれコレステロール!コレステロール情報>ビタミンの抗酸化作用
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

ビタミンの抗酸化作用

抗酸化作用とは、活性酸素の発生や活動を抑える働きです。

微量の活性酸素は病気や老化を防ぎますが、たくさん発生すると
細胞を破壊して、DNAを傷つけてしまいます。

活性酸素が増えると、過酸化脂肪を作り血管壁を傷つけて
動脈硬化の原因にもなります。
 >> 動脈硬化


私たちの体には、活性酸素を抑える働きがあります。

活性酸素を抑える酵素は体の中で作られるのですが、25歳ぐらいを
ピークに加齢とともに作られる量が減少していきます。

このため中高年になると、病気に対する抵抗力が低くなり
生活習慣病にかかり易くなります。


作られる量が少なくなった酵素を補うために、抗酸化作用のある
ビタミンを取り入れる必要があります。


 抗酸化作用のあるビタミン
   ・ビタミンC
   ・ビタミンE
   ・セレン、亜鉛など
   ・カロテン
   ・リコピン
   ・カテキン
   ・植物性フラボノイド
   ・コエンザイムQ10


関連情報
食事時間を決めるメリット
血糖値改善で糖尿病予防
食事時間を決めるメリット

 ページのTOPに戻る

コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定


食品の栄養素
 ・ビタミンの抗酸化作用
 ・ビタミンEとコレステロール
 ・ビタミンEと活性酸素
 ・ビタミンの老化防止効果
 ・水に溶ける食物繊維
 ・サプリメントの効果

コレステロール補足情報


血糖値改善で糖尿病予防
食糧事情がよくなったことにくわえて食生活が欧米化により肉類を中心にした高脂肪、高カロリーの食事が肥満を招き糖尿病の大きな原因となっています。


Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。