下がれコレステロール!コレステロール情報>食物繊維が大事
 内臓脂肪 中性脂肪 コレステロール 糖尿病 心筋梗塞

食物繊維が大事

コレステロール値が高い方は意識して食物繊維をとりましょう。

食物繊維は、植物の細胞壁を作っている成分で、セルロースや
リグニン等があり人間の消化液では消化されません。

食物繊維は大腸のコレステロールを吸着して、便とともに
体の外に出してくれる働きがあります。

食物繊維がコレステロールを便とともに体の外に出してくれるので
コレステロール値は減ることになります。


食事のスタイルが欧米化しているため、毎日の食物繊維をとる量は10g台に低下しています。

毎日の生活では、食物繊維を20g以上をめやすにする事が大事で野菜、イモ類、果物などを積極的に食べる事が大事です。

野菜の食物繊維は工夫次第で簡単にとる事が出来ます。

特にジュースにする方法は、簡単に作れるので特にお薦め。


食物繊維には、水溶性の食物繊維、水に溶けにくい不溶性の食物繊維があります。

水溶性の食物繊維は、りんご、キャベツ、など果物や野菜に多く
便を軟らかくします。

不溶性の食物繊維は、小麦や大豆に多く便の量を増やします。


関連情報
 ・脂質異常症
 ・2種類の肥満
 ・内臓型肥満とメタボリックシンドローム

 ページのTOPに戻る

コンテンツ
コレステロールの基礎知識
 ・血液中の脂質
 ・コレステロールとは
 ・コレステロールの役目
 ・コレステロールと血液
 ・2種類のコレステロール
 ・中性脂肪とコレステロール
 ・血液検査で判定

コレステロールと食事
 ・脂肪の種類
 ・不飽和脂肪酸
 ・DHAで中性脂肪を減らす
 ・動物性、植物性の脂肪
 ・1日のコレステロール
 ・卵のコレステロール
 ・食物繊維の効果
 ・緑黄食野菜の力

コレステロールを下げる
 ・バランスの良い食事
 ・食品を沢山食べる
 ・食べ過ぎない事
 ・食物繊維が大事
 ・料理方法に一工夫
 ・油は植物油が基本
 ・御菓子はほどほどに
 ・お酒を飲みすぎない




Copyright(C)  下がれコレステロール! 管理人:BJ All Rights Reserved
掲載している情報には万全を期していますが、正確性を完全に保証するものではありません。
不利益や損害が生じても、当サイトは一切の責任を負いかねます。
下がれコレステロール!は、リンクフリーです。リンクのさいの連絡は不要です。
下がれコレステロール!の無断転載、無断コピー、を禁止します。